2019/04/9


カテゴリー : 商い | アート文化
タグ :

全て革(レザー)で制作されたオリジナルデザインのバッグ、小物、インテリア雑貨などが揃うタイニースプラウトさんにお伺いし、代表の小堀香織さんからお話を聞いています。

どうしても男性が多くなる職人の世界ですが、小堀さんはどのような経緯を経て革製品の制作を始められることになったのでしょうか?そして、いかに技術を高められたのでしょうか?ターニングポイントは叔父様に商品の不備を指摘されて涙が止まらなくなったことと仰います。

タイニースプラウト 代表 小堀香織さん

このお仕事をされるまでは何をされていたんでしょうか?

販売管理ソフトのインストラクターをした後、役員秘書をやっていまして全く違う仕事をしていました。

でも、その時からずっと革が好きで、趣味としてずっとやっていたんです。

革製品を制作することになったキッカケなどあるのでしょうか?

最初、雑誌に書いてあったテープを継ぎ合わせて鞄を作るようなことをやってみたら、すごく上手にできて、それが始まりでした。

ですけど、そこから苦しみの連続で(笑)

なかなか革は大変で、何回も諦めそうになりましたけど、でも、革がすごく好きで

どこか職人さんのもとに修行に入られたことはなかったんですか?

育児も介護もしていましたので、そういうのは全然ありませんでした。

そういう道はデザイン性のある特殊な方しか行けないと思っていたんで、平々凡々と弟子入りとかもなく、10年ぐらい独学でやっていました。

10年も独学ですか。本当に革がお好きだったんですね。

2年だけちょっと基礎を習う機会があったので習ったんですが、教えてもらえることが嬉しくて。

ただ、教えてもらうにも限界があったので吸収できるところはして、その後はまた独学で。

当時はインターネットとかもなかったんで「なんでこれができないのか」と思ってグッチを分解したりしていました。でも接着剤とかまでは分からなくて

デザインの学校とか行けたら本当に良かったなと思うんですけど。自分に自信がないままやっていますね

そんな時から女性が革製品の制作をされるのは、多分変わっていますよね。

革屋さんとか行っても、よく「姉ちゃん変わってんな」とか言われました。

工房みたいなところまで上がらせて頂いて、こんな機械がいるんやでとか教えてもらいました。

でも、全然使い物にならないような機械も騙されて買いましたね(笑)

色んな経験を経ながらご自身で少しづつ技術を高めていかれたわけですか?

グッチ風のカバンを素人の時につくって、それを海外に持って行ったら税関で「これグッチですか」と言われたんですよ。

「すごく可愛い」と海外の方に言って貰って、喜んで帰ってきたんです。

でも、家具職人の叔父から、私のそのカバンを見たときに「ここがあかん」というのを初めて指摘されたんです。

分かっていたんですけど、ミシンが駄目でどうしてもできなくて。

素人でやっている時は皆が褒めてくれるので、ストレートに指摘されたら涙が止まらなくて。 そこから機械も必死に探して、自分の作品もガラッと変わりました。

製品の制作も大変だと思いますが、それを販売するのもまた大変ではなかったですか?

最初の頃は友達が欲しいと言ってくれることが多かったので、それで作ることが多かったと思います。

あと、保育園のバザーでウルトラマンの中古のおもちゃを売ってる横で鞄を売ったこともありますね。その時、1日で結構な売り上げ上がりました。

いつかお店出したいなっていう思いが芽生えていったきっかけですね。

 

次回(明日)に続きます

 

タイニースプラウト 代表 小堀香織さん

3-1 叔父に指摘されて涙が止まらなくなりました

3-2 テナント募集を見て即決。二ヶ月後に開店

3-3 1年2ヶ月待ちの財布には海外からも注文が

屋号 タイニースプラウト
住所 宇治市宇治妙楽28
営業時間 10:30-18:00
定休日 火曜日・水曜日
TEL 0774-24-3525

 

 

公式アカウントをフォローして毎日記事をチェック!

この記事に関連したおススメの記事

人気記事ランキング

宇治のICHIGO、城陽のICHIE二つ合わせて一期一会

宇治のICHIGO、城陽のICHIE二つ合わせて一期一会

2019年4月1日(月)本日、城陽にてICHIEさんがオープンされま...

ICHIEのお薦め商品3品はハンバーグ、お造り、パフェ

ICHIEのお薦め商品3品はハンバーグ、お造り、パフェ

引き続きICHIEオーナーの岩間淳悟さん。なぜ、2店舗目を城陽に?I...

私が店を閉める理由。「レストランベルエキップ」安井さん

私が店を閉める理由。「レストランベルエキップ」安井さん

先日フェイスブック上にて、12月30日ディナーを最後に閉店す...

「言葉が通じず、お金もなく、8年間一度も休みませんでした」餃子閣 高良さん

「言葉が通じず、お金もなく、8年間一度も休みませんでした」餃子閣 高良さん

2019年3月1日 木幡御園にオープンしたばかりの餃子閣にお伺いし、...

「僕の餃子にはにんにくが入っていません」餃子閣 高良さん

「僕の餃子にはにんにくが入っていません」餃子閣 高良さん

引き続き餃子閣の店主 高良(コウリョウ)さんからお話し聞いています。...

「食のテーマパーク的なものを死ぬまでにやりたいけど、無理やろね(笑)」岩井製菓 岩井正和さん

「食のテーマパーク的なものを死ぬまでにやりたいけど、無理やろね(笑)」岩井製菓 岩井正和さん

京の飴工房 岩井製菓 代表取締役社長 岩井正和さん(4日連続記事の4...

「楽しく女性同士で体を作ることができれば」ビラージュフィットネスクラブ 山田典子さん 今年は桜満開で宇治川さくらまつり開催されました(平成31年4月6日・7日) 「叔父に指摘されて涙が止まらなくなりました」タイニースプラウト 小堀香織さん

「叔父に指摘されて涙が止まらなくなりました」タイニースプラウト 小堀香織さん

全て革(レザー)で制作されたオリジナルデザインのバッグ、小物、インテ...

おうじちゃま監修の「三室戸・黄檗・木幡 おさんぽ帳」発行でしゅ☆

おうじちゃま監修の「三室戸・黄檗・木幡 おさんぽ帳」発行でしゅ☆

引き続き、チャチャ王国のおうじちゃまからお話しお伺いしています。今回...

地域の人と人を繋げる
ローカルウェブマガジン

宇治の方程式